ニュースプリマ音楽教室声楽・ヴォイストレーニング

レッスン録画のすゝめ!

こんにちは!
声楽・ヴォイストレーニング担当講師の唐沢萌加です♪

突然ですが、皆さんはレッスンの時は録音をしていますか?

「レッスンの時に言われたことを忘れないように」

「もう一度落ち着いて自分の声を聴きなおしたい」

など、いろいろな理由から録音をしている人は
結構多いように思います(^^)

最近はヴォイスレコーダーも手に入りやすく、
スマートフォンの録音機能は高性能になってきているので、
手軽に録音ができますね!

録音しようという心掛けは勉強熱心で本当に素晴らしく、
生徒さんがしていると嬉しくなります💓

でも、もう一歩踏み込んで、
録画にしてみませんか??

 

私がレッスンを録画することを勧めるのには
2つの理由があります!

1つは、録音では「音」に集中してしまいすぎるからです
演奏の際、出てくる「音」というのは何よりも大事なものです
ですが、音だけ上手くいった時の真似をしようとすると
上手くいかない時があります

例えば、しっかり身体を使って出た大きな声と
声帯周りの筋肉を過剰に使って出た大きな声では、
録音にすると大差はないかもしれません

ですが、後者は長い時間歌っていると喉が痛くなったり
広いホールで歌うと声が届かなかったりします

レッスンでは前者の方法で歌えていても
お家で練習するときに後者の方法で歌っているかもしれません

「音」自体は近いので、知らないうちに
間違った方法を練習することになりかねません

もう1つは、「身体の形=使われている筋肉の見取り図」だからです
正しく歌えているかどうかは、
身体の形にとても表れます

息を吸うときに首の筋が出ていないか
歌う間にだんだん胸が下がってきていないか
口の形は適切かどうか

これらは録画したビデオを見れば一目瞭然です!

出てきた声は結果であり、
たくさんの筋肉の動きが声を作る原因なのです
良い声を出すためには、見るべきは原因だと思います


自分の歌っている姿を見るのは
少し恥ずかしいですが…笑
上達のためにはレッスンの録画をオススメします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です